【試合結果】Adidas Tango League(2)

2017年7月20日(木)に行われた予選大会を断トツの成績で通過し
ベスト16に進出したFCヴァンドール。
2日後の22日(土)にベスト8・ベスト4を決める最終予選が行われました。

世界中で行われているこの大会、香港の会場は、セントラルの大観覧車麓。
この日の試合時間は午後からだったため、夜とはまた違う雰囲気でした。
観覧車の右下にアディダスの特設会場があります。
adidas tango3.JPG
この日からノックアウト方式のため、負けた時点で試合終了。
どのチームからも緊張感が漂います。
【ベスト8決定戦 vs 愉翠】
ガタイの良い相手ばかりが揃ったチームでした。
パワーもあり、狭い3人制のピッチで至近距離で撃たれると
怪我の不安もありましたが、中3メンバーの頼もしい活躍で先制。
メンバー全員を入れ替えながら、三角形を良い形で作り続け、
終わってみれば大差で勝利できました。

【ベスト4決定戦 vs HKJFL】
今まで対戦してきた香港人とは違い、欧米人主体のチームでした。
先制するも、一瞬の動きの速さで交わされ、立て続けに失点し逆転。
手足の長い相手GKのファインプレーもあり、なかなかゴールが奪えず
一進一退の攻防が続きます。点を取っては取られるシーソーゲームが続き、
最後のFKで1点差まで追い上げるも、あと一歩の所でタイムアップ。
悔しくもベスト8で大会を終えました。
adidas tango4.JPG

体格差のある相手でも、しっかり三角形を作ってパスをつなぎ、フェイントや
ターンで相手をかわしてのシュートなど、十分通用した場面も多かったですが、
相手の技術が上がってきた、最終予選では、ボールを取られないための
スクリーンターンやボールキープの技術、より一層確実なパスの精度を
磨いていかなければならないと感じました。

夏休み中もボールを蹴って、次の試合で頑張りましょう。
2日に渡り、お疲れ様でした。保護者の皆さん、学校の先生方
熱い中、会場に足を運んでいただいての応援、ありがとうございました。
2017年08月01日 | 香港 ☀ | Comment(0) | 試合結果/2008〜18年

【試合結果】Adidas Tango League(1)

2017年7月20日(木)にアディダス・タンゴリーグの予選大会が行われました。

3人制のこの大会は世界中で開催されており、香港ではセントラルの大観覧車麓にある
特設会場にて行われました。ヴァンドールはの中3メンバー3名と中2メンバー3名の
計6人で、1つ年代が上のU-16へ参戦しました。

【予選第1試合】vs 日月
気合いを入れて初戦のピッチに立つも、相手不在で不戦勝。
良い緊張感で準備ができたので、残念ではありましたが、勝ち点3をゲット。
【予選第2試合】vs CCCMKC
上背のある相手に試合前にビビるも、落ち着いて普段行っている3角パスでリズムを
つくり、先制点を取った後は緊張が取れ、相手のラフプレーにも焦らず
10点差以上の大勝。
adidas tango1.JPG
【予選第3試合】vs Shaks
相手チームのコーチはAFC B級コーチライセンスの練習で知り合ったMUNコーチ。
熱い闘志を秘めながらも、試合前に笑顔で和やかに集合写真を撮りました。
セントラルのビル群の夜景をバックに📷
adidas tango7.JPG
2試合目同様に、確実に三角形を作り、パスを回しながら、積極的にゴールを目指し、
またも二桁得点で、圧勝。中3はもちろん、中2も相手のプレッシャーにも慌てず、
攻守に奮闘していたのが頼もしかったです。
その結果、3勝で無事予選リーグを通過できました。
総得点・失点共にU-16組登録チーム中、断トツの成績でした。
adidas tango5.JPG
相手は1学年上(中2にとっては2学年上)ではありましたが、
体格差に関係無く、メンバー全員がハードワークし、
落ち着いて普段の練習の成果を発揮した結果だと感じています。
保護者の皆さま、長時間の応援ありがとうございました。
2017年07月31日 | 香港 ☔ | Comment(0) | 試合結果/2008〜18年

【試合結果】2016年度HKSSF大会

3月21日(火)にHKSSF(全中インター校U-16)大会のトーナメント3位決定戦が
行われました。今年は登録人数が13名と少なく、予選リーグも中3不在時は
7人という日が2回、10人という日が1回あり、毎試合の参加人数を心配し続けた大会でした。

それを、予選を2位で通過できたのは、子供たちの「勝ちたい」という気持ちが
結果に表れたんだと感じています。チームが信条としている「最後まで諦めない」
という気持ちを、選手がグランドで見せてくれました。
余談ですが、3/12の試合では東日本大震災の黙とうを対戦相手チームと
共に捧げることができました。香港の人たちの温かさに触れることもできました。

今年度の最後の試合となった、決勝トーナメントの3位決定戦では、
既に春休みに入っていたため、参加人数が9人…。
さすがにこのレベルまで進むと、勝ち切るのは難しかったです。

しかしながら大会を通して、「諦めない気持ち」を持ち続けてプレーしてくれたこと、
そして「ボールを失わない」プレーをやり抜こうとしてくれた子供たちの成長を感じました。
また、来年も新たなメンバーで、1試合でも多く、この大会を楽しんでほしいと願っています。

応援してくださった保護者、学校の先生方、有難うございました。
写真 1.JPG
image1.jpgimage2.JPG
2017年03月24日 | 香港 ☀ | Comment(0) | 試合結果/2008〜18年

【試合結果】HKJFL vs HKFA

3月19日(土)8:00〜 界限街遊樂場(カーペット)
相手 HKFA(エド)

HKJFL(U-14)のリーグ戦は9チーム中6位という順位で終え、
5月のシーズン終了まではトーナメント戦を行うことになりました。
初戦の相手はリーグ戦では引き分けに終わり、順位は我々FCVより一つ上の
HKFA(エド)との対戦。この日は恒例のナイキカップ(フットサル大会)と日程が
重なり、人数に不安がありましたが、何とか13名が参加。
試合開始からボールを支配でき、サイドの崩しからアキラのゴールでFCVが先制。
その後も右サイドからこまちがゴールし、危なげなく4−1で後半へ。
後半は相手の反撃にあいましたが、女子メンバーの奮闘もあり、
6−3で2回戦進出を決めました。

結果: 6-3 勝ち
得点: アキラ、ユウゴ、タイチ2、コマチ、カリン
2016年03月20日 | 香港 ☀ | Comment(0) | 試合結果/2008〜18年

【試合結果】HKSSF vs French International School

Hong Kong School Sports Federation・香港學界體育聯會
香港の中学校が加盟している学校リーグ、HKSSF。
昨年中に予選リーグを2位通過し、トーナメント初戦を10点差の大勝を飾っての
準々決勝戦。この日は卒業式当日ということで、中1と中2のみで挑みました。
日時:2月27日(土)13:30〜14:30
場所:ハッピーバレー競馬場#4(人工芝)
相手:フレンチインター校
大柄な相手が多く、さすがにこの年代の1学年上の体格にビビるメンバーもいましたが
開始から前線からプレッシャーをかけ続け、ボールを蹴らせない作戦を徹底。
これがはまり、前半は1回のピンチがあったくらいで、互角な内容でした。
後半は相手ロングボールが増え、なんとか守備陣全員が体を張って跳ね返し、
前線では相手のミスをチャンスにして得点を狙いましたが、惜しくもスコアレスドロー。
蹴り合いは好きではないけど、狭いピッチ故に中盤からのドリブル突破以外に
もっと前線へ蹴りこむプレーを多用してもよかったと感じています。
PK戦では、「絶対決める!!」という強い気持ちに差があったのでは?っと
正直感じています。GKハヤテが先にシュートを止めてくれただけに、
そのまま勝ち切りたかったです。
もう少し皆とこのトーナメント戦を戦いたかったですが、
ベスト12という結果で今季のHKSSFを終えました。
それでも、最後までよく体を張って走り抜いたと思います。
格が良くリーチが長い相手に、どういうプレーなら対抗できるかを肌で感じた
試合でした。この日もたくさんの応援ありがとうございました!

結果: 0−0 引き分け PK戦 3−4の末敗退

2016年03月05日 | 香港 ☀ | Comment(0) | 試合結果/2008〜18年

【試合結果】HKSSF vs Aberdeen Tech School

Hong Kong School Sports Federation・香港學界體育聯會
香港の中学校が加盟している学校リーグ、HKSSF。
昨年中に予選リーグの試合を全て終え、2勝1敗のブロック2位で
決勝トーナメントへ進出ができました。
2月27日(土)にハッピーバレー競馬場内のサッカー場にて
決勝トーナメント1回戦が行われました。
試合のビデオを村越さんが撮影してくださいましたので、ぜひご覧ください。

結果: 11−0 勝ち
得点: ショウマ3、トシ2、イトシン3、マリック2、ユウト1、
次回は卒業式当日と重なる3月5日(土)、中3が不在ですが
全員サッカーで頑張りましょう!

2016年03月04日 | 香港 ☀ | Comment(0) | 試合結果/2008〜18年

【試合結果】交流戦 vs チェルシー香港

2月7日(日)13:30〜 九龍仔公園スタジアム(芝)
相手 チェルシー香港スクール

旧正月前の大晦日は活動をお休みとしていましたが、
チェルシー香港スクール側より試合オファーを頂いたため
急きょ交流戦を行うことになりました。小学6年生6人との合同チームでの試合。
超快晴で暖かい日となり、芝生の上で気持ちよくストレッチ。
試合前の青空ミーティングでは、中学生メンバーへはコミニュケーションの重要性を伝え
小学生メンバーへはミスをしても、すぐにボールを追いかける事を約束事としてアドバイス。
香港代表選手も多くいるという相手チームにどう挑むかが、とても楽しみでした。
試合開始から主導権はサウスチャイナの赤いユニを着るチェルシー香港。
青のFCVは守備に追われる一方的な展開。そんな中、中学生メンバーが声を出し合い
プレッシャーのかけ方や、ファーストディフェンダーへの指示の声を出し合い守備に奮闘。
前半を1失点に抑えました。相手の最終ラインとGKとの間のスペースを
上手く使ってちゃっかり点を取ろう!とハーフタイムにアドバイスして後半へ。
後半は前線のプレスのかけ方に修正ができ、相手のパスコースを読んでのインターセプトからの
速攻を仕掛ける場面が増えました。みんなが体を張って頑張ったおかげもあり、中央での
ワンツーからタイチが(ちゃっかり?)抜け出しGKとの1対1を制してゴール。
たくさんの父兄の応援の中、最後まで走り続け、勝ちにこだわった選手たちが逞しかったです。
応援ありがとうございました。
3学期はパスについて拘って練習しています。
チェルシーの選手たちのパス回しの技術は今の練習の参考になったと思うので、
次の練習や試合では、大いに真似してみよう。

結果: 1-1 引き分け
得点: タイチ
2月7日チェルシー戦.JPG
2016年02月07日 | 香港 | Comment(0) | 試合結果/2008〜18年

【試合結果】HKJFL vs HKFC1

2月6日(土)8:00〜 界限街遊樂場(カーペット)
相手 HKFC1

HKJFL(U-14)HKFC(香港フットボールクラブ)との試合。
1月のHKFC2と比べると体格が良い選手が多い。
試合は押し込まれる展開ながらもシュウヘイが抜け出し、豪快に右足を振りぬいて先制。
その後は守備陣が奮闘するも中盤でのパスミスが続き、サイドからのクロスにマークがズレて
フリーでシュートを許す場面が続き、惜敗してしまいました。
先制もしたし、その後の得点のチャンスも何度もあったので、プレッシャーのある中でも
しっかり決め切れるためのシュート練習もおろそかにせず
今回の点差を少しずつ減らしていきたいと思います。
新たにこのHKJFLに参戦してくれた2人の6年生も、11人制での試合に緊張しながらも
最後まで頑張ってくれました。今後の活躍を大いに期待しています。

結果: 1-5 引き分け
得点: シュウヘイ
順位: 9チーム中6位
__ 3.JPG
__ 1.JPG__ 2.JPG
2016年02月06日 | 香港 | Comment(0) | 試合結果/2008〜18年

【試合結果】交流戦 vs 李求恩記念中学

1月30日(土)11:30〜13:30
相手 Lee Kau Yan Memorial School

新蒲崗にある中学校サッカー部との交流戦。
昔の教え子がこのサッカー部のアシスタントコーチに就任したということで
電話をもらい、FCVの練習へ見学に来てくれた際に交流戦の話となりました。
8人制で20分を4本。試合は6-4で勝ちましたが、この日は点数よりも
両チームが真剣なプレーの中にもワイワイと楽しそうに声を掛け合い、
ボールを蹴って、交流を楽しんでいたのが良かったです。
また定期的に試合をしたいと思います。
IMG_5291.JPGIMG_5281.JPGIMG_5328.JPG

2016年01月30日 | 香港 | Comment(0) | 試合結果/2008〜18年

【試合結果】HKJFL vs HKFC2

1月16日(土)7:30〜 King's Park#3(人工芝)
相手 HKFC2

2016年の公式戦はHKJFL(U-14)HKFC(香港フットボールクラブ)との試合でした。
歴史のあるスポーツクラブで、イギリス人主体のチーム。
試合開始から主導権を掴み、両サイドを使っての攻撃を仕掛けていましたが
相手のロングキックからのスピードのあるFWに守備ラインの裏を突かれ失点。
ボールを支配するも相手の一発の速攻を止められず、連続失点を許す。
ハーフタイムに、相手FWとの走り合いを止めるためには、どうする?っを話し合いをさせ
出てきたアイデアを実践してみようとアドバイス。
後半は両サイドからの攻撃が一層力強くなり、早々に同点に追いつく。
その後もチャンスがあったものの決め切れずに、同点のまま試合終了。
前半に繰り返した失点の修正をチャレンジできたことと、
また、点差があったにも拘らず諦めずに後半に追いつき、逆転のチャンスを
作り続けたことは立派でした。あと1点を取って逆転できればなお良かった!
結果: 4-4 引き分け
得点: アキラ、シュウヘイ、ユウゴ、リンタロウ
2016年01月16日 | 香港 | Comment(0) | 試合結果/2008〜18年